お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

スイッチ入れたくて、比叡山 黒谷 青龍寺 その2

スイッチ入れたくて、比叡山 黒谷 青龍寺 その1 の続き 遊林から、最近見た夢の分析を頼まれた 暗くて、スイッチを探してる。 スイッチがどこにあるのかわからなくて、焦ったり、イライラしている。 迷林:そう、じゃあ、その夢を見た時、どんな気持ちだった…

スイッチ入れたくて、比叡山 黒谷 青龍寺 その1

日本一長いケーブルカー【坂本ケーブル】に11分乗って、 親友に頼みこんで一緒に行ってもらった。京都 比叡山 延暦寺。 親鸞聖人が9歳から29歳まで学んだ地 目指すは、 迷いました(グーグ◯マップのせい?) てくてく。 ちょうどくもりで、緑がきれいで、八…

お散歩日記4/29

5月8日は心に刻む(ニアイシネルン)ための日であります。心に刻むというのは、ある出来事が自らの内面の一部となるよう、これを誠実かつ純粋に思い浮かべる(ゲデンケン)ことであります。そのためには、とりわけ誠実さが必要とされます。 われわれは今日、戦い…

晩春

晩春の候、と書いて案内をだした お母さんが、採ってきたゼンマイを干している。これすごく喜ばれるんだよ。 どうしても撮っておきたかったのが、このグミの花。 グミというのは、サクランボみたいなのがぶらぶらたくさんなるので、小鳥たちが喜んで食べに来…

Week 40 : Sitting in a Chair

Week 40 : Sitting in a Chair伝統的でフォーマル、もしくは自分なりに解釈したイメージの椅子に座っているポートレート写真 うむ。 これはもはや、禁じ手 だから、もう一回禁じ手。 これやといいですよね、 まがってますが。(iphoneで撮影) おまけ:ふすま…

Week 39 : Handmade

Week 39 : Handmade職人の手工芸品に触発されたアートの写真 先日、花まつりのバザーで手に入れた、九谷焼のぐい飲み。 写真は大きいけれど、ぐい飲みだから手のひらに収まるくらいの大きさです。 誰も気づかなくて。こんな素敵なもの10円て、ひどいよね。 …

エスケイプ(リフレッシュしたいときは。)

七尾市に行きました。 駅に近いホテルで宿泊。県外から来られるようなら是非もう少し足を伸ばして和倉温泉といきたいところ。 今回は友人のお寺で友人のお話があったので、友人たちと遊林に声をかけてお話を聞きました。一見、うちわで盛り上がっているだけ…

4月の花

すっかりすきになってしまった【レンギョウ】 晴れた日、ぼーっと見つめる ん、最近迷林ぼーっとしていること多いな。ま、春だし 4月はじめに撮った これは、金沢で 不思議な椿? デコポンなっていた。 気になっている子が、この曲を紹介していた。 「僕が死…

さくらさくら

今年はayukameちゃんのおかげでさくらを堪能した もう、終わりの頃かな 【阿頼耶識・あらやしき】 また、「蔵識」(藏識)、「無没識(むもつしき)」とも訳し、「頼耶識」、「頼耶」等と略されることもある。 唯識思想により立てられた心の深層部分の名称で…

鳥撮り自慢

お兄ちゃんがついに【カワセミ】を撮って、連日自慢する いやほんとすごいと思うよ 【シロハラ】は近くにいるので大きく撮れる 木の上には【モズ】 これは少し残念な【アトリ】 こほん、今回は迷林だって負けていません。 【コガラ】 初めて撮ったー(ayukame…

花まつりに参加しました

4月15日金沢別院花まつりに参加しました 金沢別院の主役は子どもたちです。 花まつりをやるようになってからもう23年です。 迷林は立ち上げの時に参加しました。 近年は、坊守会(住職のつれあい)のスタッフとなって皆勤賞です。 今年は新幹線の担当をしまし…

久しぶりのお散歩と田舎の春ご飯

いよいよタラの芽でてきましたよ スイセンていろいろあるけど、どれもきれい ギリシア神話のナルキッソスを彷彿とします 働き者の村の人たち 【キジバト】 【シラサギ】が対になって飛んでる 田んぼの水にお日様がうつってる お散歩っていいね 自然が豊かで…

海のネコを撮りに

海にネコを探しに来ました。 いーっぱいいます。 私のような山の人間には貴重 にゃー!

自分に似た人

他人のそら似ということがある。 女子校時代の同級生に、子ども奉仕団のスタッフが似ていた。 金沢市の女子高校生と、鈴鹿のお寺のわかさん(男の子)が似ていたのである。年齢はたぶん一廻りくらい違う 先日、他の用事のついでに海を見に行った。 たまたまカ…

浅野川の桜・兼六園の桜 その1

まずは浅野川周辺(東茶屋街・主計町)の桜 ayukameちゃんが好きな桜 狭いよ。狭いとこって苦手だ さくらちる ウサギのお店 主計町の方から見る浅野川大橋 主計町(かずえまち) 追記:浅野川と兼六園の桜をお伝えしたくて、 この度、フォトライフプラスにしまし…

恩師のお葬式その2

恩師のお葬式その2 次は一般の方の焼香 ながらくぶりの再会 葬式が終わって、総代さんのあいさつ お棺が出発します 「あらー、あんた、元気やったかいね」 路念仏の葬列 梵鐘が鳴る 霊柩車が発つ 「このツーショットはめずらしいげんぞ」 お花をいただきまし…

恩師のお葬式その1

雨が降っていました。 涙雨 お葬式のお荘厳(しょうごん)、お飾りのこと。 棺前勤行 蝋燭をつけて 葬儀のはじまり 本山弔司(ほんざんちょうし) 組長代読 先ず、法中(ほっちゅう)僧侶が、式事の合図の順番どおり焼香をする 家族の焼香がすんだら一般の焼香 門…

恩師のお通夜にお参りしました。

恩師のお通夜にお参りしました。 福井からの友達をイオンで待ち、合流してお参りにいく 月がきれいな夜でした たくさんの親戚 全国から近所からたくさんのお参り 通夜説法は大谷専修学院院長狐野秀存先生 亡き人を縁にしてたくさんの再会があった。 皆、「先…

曇り空 桃の花

今日は曇り空 兼六園の開花便りを聞いた途端にくもり空が続いていますが、 くもりもいいですよね。 桃の花が咲きました。 もっときれいに撮ってよって、桃に叱られそうです。 これは、私たちが食べて窓の外にポーイと捨てた、ネクタリンの種から木になった。…

りょうちゃんの月参り

先日、りょうちゃんのお墓でお昼寝した。 近くには、「イノシシの檻をしかけてありますよ」って書いた看板があるので、イノシシがでるのだろうけれど、梵天に警護をお願いしました。 あとは、りょうちゃんにも守ってもらおう。 ちょっと眠いから横になるよ。…

Week 38 : Get Low

Week 38 : Get Lowローアングルで撮影した風景写真 金沢のどぶそにスミレ咲いていました。 ふふ、本当は知っているんです、ローアングルって何か。一緒にいた友人が最近はまってる撮り方で、下から撮るんですって。 ん、満足。 この課題は2月の課題です。今…

毎日【カワラヒワ】を撮っています

外を見ていると【カワラヒワ】が飛んで来ました。 2017.4.6.撮影 Canon PowerShot SX710HS(光学30倍ズーム) (「キャノン」じやなくて、「キヤノン」なんですって。「ヤ」はちっちゃくしないんですって。最近友人に教えていただきましたよ。ご存じでしたか。 …

【木蓮】と【オナガ】

【木蓮(モクレン)】てなんでこんなにきれいなんだ。春の曇り空だからこんなにきれいなんだろうか。「曇りで良かったね」と私が言うと、友人が「わからんぞ、PM2.5でくもっているだけかもしれないよ。」といった。なるほど、ものは考えよう。もしかしたら、私…

金沢の桜を撮りに行きました

親友のayukameちゃんと、金沢の桜を撮りに行きました。 迷林:あー、うっかりしていたよ、ごめんね、ayukameちゃん、13:30から金沢別院で木越樹先生のお話を聞きに行きたいから、朝早めでもよい? ayukame:では、金沢別院10:30に集合 金沢の桜の開花予想は4…

Week 37 : Fashion 伝統的な洋服など

Week 37 : Fashionアバンギャルド、広告、伝統的な洋服などファッションに注目したポートレート 伝統的な洋服にしました。 これは、大島紬。百貨店のながもちやセールで買いました。質流れみたいものかな。裄(横幅)が60cmと狭くて、丈(長さ)も150cmと短めな…

「遇う」という字は知らなかったものにあうのではない

佐野明弘さん法話より だから私たちが真宗(の教え)は遇うものだという時、「遇う」という字を書きますよね。 この「遇う」という字は知らなかったものにあうのではないと、『真宗新辞典』にはそう書いてある。 本来知っていたんだけれども、忘却をしていた、…

月は 昔を思い出すためにある

40歳過ぎてから知ったことだけど、十五夜ってのは満月で、月がまん丸くなる。だから月の始めは月が細い。細い月が好き。 『ヨーコさんの”言葉”わけがわからん』(佐野洋子文、北村裕花絵、講談社) より その4 お月さま 私が一番嫌いな写真は人間が月面を歩い…

罪障(ざいしょう)功徳の体(たい)となる  親鸞聖人のことば

高僧和讃 493P 曇鸞和讃 17論主(ろんじゅ)の一心ととけるをば 曇鸞大師(どんらんだいし)のみことには 煩悩(ぼんのう)成就のわれらが 他力(たりき)の信とのべたまう ※論主(ろんじゅ)の一心ととけるをばー天親「浄土論」は、「世尊我一心(せそんわれいっしんに…

「たまには弱み見せてくださいよ。」

先日図書館で借りた本を読み終えた。 NHKで目にすることもあるこの著書は書いてあることが少ないのですぐ読めた。絵本と詩集の間のような、こんな感じも良いもの。 ヨーコさんの“言葉” わけがわからん 作者: 佐野洋子,北村裕花,小宮善彰 出版社/メーカー: 講…

旅のお土産2 新種二匹

お兄ちゃんが今回の旅で「新種三匹撮った。」と、いばります。 【コガラ】 【コガラ】スズメ目シジュウカラ科鳴き声:コーキーコーキー、ピッツツピーピッツツピー大きさ:約13cm 色:灰色特徴:黒色の頭部。目から下は白色。クチバシの下は黒色。脇はやや褐…