お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

正信偈をよもう 復習 <曇鸞>③「如来とは何であるか」

如来とは一体何であるか

我をして能所転換せしむもの (佐々木月樵 氏)

わしがすると思っていたら、される。

正信偈をよもう」木越樹師講義より

迷林です。大谷大学のHPにありました↓読みます。・・・

http://www.otani.ac.jp/yomu_page/kotoba/nab3mq0000000ly5.html

 

これは講義の要の言葉でした。メモしたこと順番に箇条書き、

親鸞にとって曇鸞は中観・唯識という学派を超えた方。(鈴木大拙も学派を超えた方。)

・唯識は転識得智。

・また佐々木氏は、「I 、my、me の哲学」とおっしゃった。

・如来にであうということは、能所転換、myがmeに転換。私を包んでくれる世界に転換する。

・曇鸞は中観は唯識に進化したといった。世尊我一心。一心の華文(「浄土論」のこと)。

・佐々木月樵 氏は「真宗大谷大学」の「真宗」をけずって無くした。それは真宗を学問として開放するためである。真宗は我々に残されている最後の仏教。能所転換の仏教。