お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

罪の感覚

あらゆるいのち生きるものの中で

人間だけが罪の感覚を持つ。

そしてその罪に

苦しむのも人間だけだ。

だがそのことによって

一体人間に何が

求められているのか。

(東本願寺発行『同朋新聞』2013.8より)

余った同朋新聞を片づけていたら言葉が目にとまった。知っている人の言葉のよう。聞きたかった言葉。

2013年8月の『同朋新聞』は殺人事件の被害者遺族 原田正治さんのインタビューが載せられている。

「駅前で死刑廃止制度のビラ配りをしていると、『あなた方は被害者遺族のことを思ったことはないのか』と詰め寄られたのです。その人に『僕は、弟を殺された被害者遺族です』といいました。もっと話したかったのですが、その人は驚いて逃げてしまいました。そういう人ほど、口では立派なことを言っていても、実際に遺族の話、こころからの叫びを聞いてくれたことがないし、手を差し伸べてくれたことがないのです。口ではわかったようなことを言っても、実際には、長谷川君が死刑になろうが、なるまいが、どっちでもいいんです。本当に憎いと思っているわけでもなく、憎しみに苦しめられているわけでもないのに・・・。第三者的な無責任な観点から死刑、死刑、と言っているんです。」