お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

夏色の首輪にしました

梵天の首輪、夏色にしました。皮のだと、蒸れてかゆいかなぁって思って。
f:id:meirin41:20150706152145j:plain
え、なんですって?
f:id:meirin41:20150706152230j:plain
首輪見せて!

f:id:meirin41:20150706152213j:plain

梵天の首輪に近い色、
青いツユクサ、かわいいね。
f:id:meirin41:20150706152241j:plain

これはどこから撮るのが正解なのかなぁ。また撮ろう。
f:id:meirin41:20150706152251j:plain

さて、今日はちょっと違うところへ行きましょう。
梵天は、このどぶそに用事があります。
f:id:meirin41:20150706142723j:plain

ええ、どうしてもやりたいことがあるのです。
f:id:meirin41:20150706142718j:plain

どうせなら沢の方へ行くべきだよ。
f:id:meirin41:20150706142846j:plain

きれいな水、冷たくて気持ちいい。
f:id:meirin41:20150706142852j:plain

もうちょっと、ここにいたいのです!
あきらめて。
f:id:meirin41:20150706142956j:plain

しぶしぶ帰る。
f:id:meirin41:20150706143240j:plain

今日も曇り。睡蓮、御機嫌斜め。
f:id:meirin41:20150706143543j:plain