読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

梵天、対イノシシ用の電気流れとる紐に、鼻をびびび、とやりまして

(昨日撮ったのですが、)
あ、あっしはそこは行きません。
f:id:meirin41:20150713210001j:plain
無理です。
f:id:meirin41:20150713205938j:plain
むーりー。
f:id:meirin41:20150713210005j:plain

先日梵天は、対イノシシ用の電気流れとる紐に、鼻をびびび、とやってしまったらしい。
覚えているんだね、もう決して、行きたくないんだね。いつまで?と、迷林、悲しいです。

じゃ、ここ下がって、
f:id:meirin41:20150713205944j:plain
田んぼに風、
f:id:meirin41:20150713210003j:plain
風。
f:id:meirin41:20150713205941j:plain
川にも風。
f:id:meirin41:20150713210012j:plain

f:id:meirin41:20150713205958j:plain
迷林、こんなところ歩きたくない。ここは、ヘビのお昼寝スポットなんだよ(涙)
f:id:meirin41:20150713205952j:plain
f:id:meirin41:20150713205932j:plain
んじゃ、あっしがあぜ道の方を案内いたしましょう。
f:id:meirin41:20150713205928j:plain
万が一、ヘビがいてもわかる。
f:id:meirin41:20150713210010j:plain

風にあおられる木々
f:id:meirin41:20150713210013j:plain
f:id:meirin41:20150713205936j:plain

えー、でもここにもあるし。
f:id:meirin41:20150713205927j:plain
対イノシシ用の電気流れとる紐
f:id:meirin41:20150713205955j:plain

今日は住職とお散歩、どこへ行ったのかなぁ。


「夜中に泣くのやめてほしい。とうさんよりひどいよ。ぎゃーって、叫ぶ気持ちの方がわかるし。」(遊林)
す、すびばせん。(迷林)
真夜中にかあさんは泣いて、とうさんは叫ぶのかい。
迷林はそんな親の姿知らないよ。現代の親は弱いんだね。え、うちだけかな?
エヘン、遊林、

人間には無限の可能性があるのです。

って、誰かが言ってました。ではなくて、私の恩師、大谷専修学院の恩田章先生がおっしゃっておられました。20歳の時、全寮生活の一年間の中で、おそらく一番大事に思った言葉だと思います。ハイデッガーからの、なのかな。先生、ハイデッガーを大切にされていた。
そういや、おんちゃんも、酔っ払いでダメダメなおっさんでした。だけど、本当にすごく、私、学院へ行って良かったなぁって思えた。

f:id:meirin41:20150713205956j:plain