読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

アカメガシワ、ヨウシュヤマゴボウ、ネムノキ

植物の図鑑―Wide color (小学館の学習百科図鑑 (1))

植物の図鑑―Wide color (小学館の学習百科図鑑 (1))

「植物の図鑑」で調べてみたい木があった。
f:id:meirin41:20150730111954j:plain
こんなにもふもふの実をつけた
f:id:meirin41:20150730111948j:plain
そして、次の葉が育ってきた。
f:id:meirin41:20150730112001j:plain
アカメガシワ
図鑑ではわかりにくかったのだけど、名前を頼りにネットで確認した。
↓このHPがいちばんわかりやすかった。

岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科
植物生態研究室(波田研)のホームページです
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/euphorbiaceae/akamegasiwa/akamegasiwa.htm
上記HPより

この名前もわかりました。
あー、子どもの私に教えたい。
ヨウシュヤマゴボウだって
f:id:meirin41:20150730111956j:plain

ようしゅやまごぼう(やまごぼう科)
茎は高さ1~2mで根は太く、葉はやわらかい。花の穂はたれ、がく片が花びらのようになり、花びらはない。毒がある。<北アメリカ>
「植物の図鑑」小学館 より

な、なんだって!毒があったのか!好んで食べた記憶はないが、一粒食べておいしくなくて吐き出したとかはあると思うんだけど。
↓こちらも(波田研)のHPがわかりやすかった。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/phytolaccaceae/yousyuyama/yousyuyama.htm
実に毒はないようで、ほっ。


いつもはサギが好んでとまる川べりの「ネムの木」、だと思っていましたが、図鑑をみると「ネムノキ」でした。
f:id:meirin41:20150730112003j:plain
きっと気が向いたら川の魚を食べるんだよ。
f:id:meirin41:20150730111958j:plain
でもこんなんじゃ、しばらくサギはこないね。
f:id:meirin41:20150730112000j:plain


いやだ、そこはいかない
f:id:meirin41:20150730111950j:plain
いやだー
f:id:meirin41:20150730111953j:plain
なんて言ってないで、進もうよ。
この前、ヘビにかまれた(のであろう)ところ治ったよ。迷林ヘビがこわいから、梵天より先にきっと見つける、そしたら二人で走って逃げよう。