お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

舌鼓

部屋からの眺め
f:id:meirin41:20150801093440j:plain

では、夕食
こんなゴージャスな食事は滅多にございません。

まず、前菜
f:id:meirin41:20150801093546j:plain

職人さんが、お部屋に来てくれて、目の前で大きなヒラメを薄造りのお刺身にしてくれました

f:id:meirin41:20150801093626j:plain



f:id:meirin41:20150801093656j:plain



f:id:meirin41:20150801093713j:plain


アオリイカそうめん
f:id:meirin41:20150801093730j:plain


オコゼ唐揚げ(別注)
f:id:meirin41:20150801093743j:plain

遊林は氷見牛

f:id:meirin41:20150801093804j:plain

f:id:meirin41:20150801093820j:plain

大きい!焼き牡蠣

f:id:meirin41:20150801093917j:plain


鮑コンロ焼
f:id:meirin41:20150801094032j:plain


おちょぼいか(アカイカの子)の炊き込み御飯
f:id:meirin41:20150801094114j:plain

f:id:meirin41:20150801094215j:plain

最後はフルーツ
f:id:meirin41:20150801094236j:plain

遊林が「ももなくね。」といった。「ももなくね、てなに?」と迷林はいった。お品書きには、メロンスイカ桃と書かれていた。いわれてみたら皿に空きスペースがあった。ま、いっか

氷見、いいわ~!ブリだけでないよ