お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

蒙霧升降(のうむしょうこうす) 8/18-8/22あたり

深い霧がたちこめる頃

森や水辺に白く深い霧がたちこめる頃。 朝夕のひんやりとした心地よい空気の中、深い霧が幻想的な風景をつくりだします。

二十四節気と七十二候|暦生活 蒙霧升降(ふかききりまとう) より

霧が撮れたら書きたいと思っておりました。

8/20 17:45

f:id:meirin41:20150820174541j:plain

8/20 18:30 ちょっと霧でてきたかな

f:id:meirin41:20150820182545j:plain

8/21 お散歩しようと思ったら大粒の雨

f:id:meirin41:20150821194831j:plain

困ったなぁと見上げると(↓親鸞聖人)

f:id:meirin41:20150821194826j:plain

霧だー!

梵天行くぞー!

f:id:meirin41:20150821194828j:plain

あっちももくもく

f:id:meirin41:20150821194820j:plain

こっちももくもく

f:id:meirin41:20150821194913j:plain

雨が晴れて数分後、霧は晴れました。雨が降ったからといってずっと見えるわけではないのですね。お散歩に感謝

迷林インチキ占い師になれそうです。「近々、霧が立ち込める日があるでしょう。その日を決行の日にすれば物事がうまく行きます。」なんてね

次は、「綿(わた)の実をつつむガクが開いて綿がもこもこ」になるって・・・、お散歩道に綿あったかなぁ

 

一張羅の月とウサギの夏帯

f:id:meirin41:20140621204031j:plain

f:id:meirin41:20140621204124j:plain

出番がなかったなー