読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

書道教室1月1回目

中筆を持ったのはどれくらいぶりだろう。いや、もしかしたら中筆と呼ばないのかもしれない。

遊林が小学校の時に、教頭先生が勧めてくれた筆を何本か買っておいたのがよかった。

(先生ありがとう、いい筆でした。)ということで、その筆を下ろすことからはじまった。

お手本

f:id:meirin41:20160105230818j:plain

f:id:meirin41:20160105230656j:plain

初心者なのですが・・・、ハードル高すぎます

書き順とか、なにが書いてあるのか、さえはっきりしない(涙)。

f:id:meirin41:20160105231028j:plain

こころ折れました

 

が、先生が優しくて、なんか、かんばれそう

「ここ、ひとつだけ、の二画目は(他と違って)まっすぐ入れます。」

「しんにょうが上手ね!」

「うまく書けているわよ!大丈夫!」

はね、」

f:id:meirin41:20160105232002j:plain

 

記念すべき一作目。下手ですが、ま、くよくよしなくていいことを教わりました。

f:id:meirin41:20160105232125j:plain

行書をやるとは予想外でしたが、なんとかがんばれそうです。よかった。

14:00から17:00だけれど、時間が足りなかった。

 

先生お手製の紙をはさむものです

f:id:meirin41:20160105231003j:plain

なかはこんなん。いーじー

f:id:meirin41:20160105231119j:plain

 

お習字は黒いウールの着物で

f:id:meirin41:20160105230338j:plain

自撮り、猫の靴下

f:id:meirin41:20160105232128j:plain

一月ですから、松の刺しゅうの羽織。ご門徒のおばあちゃんにいただいたもの

f:id:meirin41:20160105230346j:plain

襦袢の代わりのおしゃれスリップにきれい色の手ぬぐいをかけて、うそつき半衿。なかなか名案でした。

f:id:meirin41:20160105230604j:plain

来週も着物着ていこー、お参りあるから

今、三つの季節が混ざっていると聞いた。冬と春、そして秋。ほんとだな、秋物しまってない。