お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

報恩講に参勤しました

f:id:meirin41:20170706175953j:plain

 

f:id:meirin41:20170706175511j:plain

f:id:meirin41:20170707073137j:plain

 

f:id:meirin41:20170707073244j:plain

 

 

f:id:meirin41:20170707073759j:plain

 

 

f:id:meirin41:20170707080344j:plain

 

報恩講の最終日を「結願日中(けちがんにっちゅう)」という

 

お勤めされるご和讃は正像末和讃の最後の三首に決まっている。(登高座がない場合は六首)

<第五十六首>

三朝浄土の大師等

  哀愍摂受したまいて

  真実信心すすめしめ

  定聚のくらいにいれしめよ

 

<第五十七首>

他力の信心うるひとを

  やまいおおきによろこべば

  すなわちわが親友とぞ

  教主世尊はほめたまう

 

<第五十八首>

如来大悲の恩徳は

  身を粉にしても報ずべし

  師主知識の恩徳も

  ほねをくだきても謝すべし

已上正像末法和讃    五十八首

 

阿弥陀如来と、念仏を私のところまで伝えきってくださった方々への「恩徳」を報じ、謝するのが、「報恩講」だからなんだろうな。(素直に考える。)