お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

『歎異抄』第三条 善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや 

今月は『歎異抄』第三条です。「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや。しかるを、世のひとつねにいわく、悪人なお往生す、いかにいわんや善人をや」(善人でさえも往生を遂げる、まして悪人はいうまでもない。ところが、世の人々はつねにこう言う、悪人でさえ往生できる、まして善人はいうまでもないと)

親鸞聖人の教えで最も有名。高校の教科書や問題集にある言葉です。まず、原文にふれ、意訳を確認します。

【原文】


 一 善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや。しかるを、世のひとつねにいわく、悪人なお往生す、いかにいわんや善人をや。この条、一旦そのいわれあるににたれども、本願他力の意趣にそむけり。そのゆえは、自力作善のひとは、ひとえに他力をたのむこころかけたるあいだ、弥陀の本願にあらず。しかれども、自力のこころをひるがえして、他力をたのみたてまつれば、真実報土の往生をとぐるなり。煩悩具足のわれらは、いずれの行にても、生死をはなるることあるべからざるをあわれみたまいて、願をおこしたまう本意、悪人成仏のためなれば、他力をたのみたてまつる悪人、もっとも往生の正因なり。よって善人だにこそ往生すれ、まして悪人はと、おおせそうらいき。

 

 

【意訳】

善人でさえも阿弥陀の浄土へ生まれることができます。まして悪人はいうまでもありません。ところが、世間一般の人々はつねにこう言います。「悪人でさえ浄土へ生まれるのなら、善人が生まれることは当然である」と。
 これは、一応、道理にかなった言い分のように思われますが、実は、阿弥陀の本願・他力の救いの精神には背くことなのです。なぜかと申しますと、自分の力をたのみにして善行を励み、それによって悟りを開こうと思っている人々は、ひとすじに他力をたのむという心が欠けているのですから、阿弥陀の本願に背いていると言わねばなりません。
 しかし、この人々も、自力をたのむ心をひるがえして、他力を信ずる身になるならば、真実の浄土に生まれるものとなるのです。
よくよくふり返ってみますと、煩いと悩みとをかけめなく身にそなえている私たちは、どのような修行に励んでみても、この迷いの人生を離れ切ることなどは決してでききません。そのような私たちを大悲のお心でみそなわして本願をおこしてくださった阿弥陀のご本心は「ただ悪人こそ仏とならしめん」ということの他にはないのです。だからこそ、他力をたのむ悪人こそが、必ず阿弥陀の浄土へ生まれることの決定(けつじょう)した人なのであります。それゆえに、善人でさえ浄土へ生まれることができるのであれば、まして悪人の往生は当然のことであると言うたのです、と教えてくださいました。
歎異抄講話1』廣瀬杲 法蔵館

 

【所感】 

高校生の問題集をみると、「親鸞がとなえた『善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや』の考え方をなんというか」という問題に「悪人正機説」という答えがあり、それは、煩悩をもつ大衆(悪人)こそが、阿弥陀仏の救済の対象であるという考え方だと書かれている(『日本史重要語句Check List』 啓隆社発行)。

大衆(悪人)というのがとても大事なことだと思う。

以下に、金子大榮先生の解説と、信國淳先生の言葉をお伝えします。

 

【解説】

善事をなすものは善人、悪業を離れることのできぬものは悪人である。しかしまた悪人には悪業を離れることのできぬ悲しみがあり、善人には善事を頼むということもあるであろう。そこに善人には自力の限界を知らざる限り、本願他力に帰するということがないという迂遠(うえん)さがある。けれども悪人は大悲の願心をきいて直下に身心に応(こた)えるものがあるであろう。まことに深重の本願である。 それ故に自力作善の人は、弥陀の本願(の正機)ではなく、他力をたのみたてまつる悪人は、最も往生の正因(を身につけしもの)である。

自力作善ー自分の力で善事を作(な)すこと。
真実報土ー真実の本願に報われたる浄土、方便化土と区別す。 

歎異抄』金子大榮校注 岩波書店

 

私たちは誰も皆自力作善の人と言わなければならないものであり、善人に、善きものに、幸せなものになろうとするその心で、善きものになろうとし、同時に他人の上にも自己自身の上にも悪しきものを作り出し、見出し、善ききものになろうとするこころで、悪人を見つけ出し、憎み蔑み、責め、さいなむ、私たちは誰も皆、自己自身が悪しき者であることを恐れる善人なのです。(『悪人成仏』信國淳法話CD)

浄土真宗・親鸞聖人に関する書籍なら 東本願寺「読みま専科 TOMOぶっく」 - 法話CD「本願に生きた念仏者」⑦悪人成仏

f:id:meirin41:20190729131948j:plain

親鸞聖人御真影(居多ケ浜)


 

f:id:meirin41:20190808120455j:plain