お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

8月28日の焦り【お散歩道のモミジ編】加筆

迷林いろいろ調べたが、モミジには、イロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジなどあるようだ。そしてこれらはプロでも見分けるのが難しいそうだ。

 

お散歩道、Aさん宅のモミジ

地面に近いところの葉っぱ

f:id:meirin41:20150828175624j:plain

2mくらいのところに翼果。ほぼ水平に開いていることから、これは【イロハモミジ

f:id:meirin41:20150828175707j:plain

モミジの判別が難しいところは、場所によって葉っぱの形がちがうところだと思う

f:id:meirin41:20150828175803j:plain

これは上の方↓

f:id:meirin41:20150828180004j:plain

葉っぱの形は、(オオモミジとは違って)ギザギザが大きい。

オオモミジの翼果が、葉の下に付くのに対して、こちらは、「葉っぱ、んなもん関係あるかっ」と、いばって葉っぱの上に飛び出ている感がある。

 

さて、まだ撮りました。

Bさん宅のモミジ2本。どちらも1.5mくらいの低いタイプです。翼果がないので判別しにくいです。Bさんとこのモミジその1

f:id:meirin41:20150828180543j:plain

ちょっと病気なのかな

f:id:meirin41:20150828180431j:plain

  Bさんとこのモミジその2

f:id:meirin41:20150828180303j:plain

f:id:meirin41:20150828180356j:plain

いやちょっとまてよ、その1その2って自信なくなってきた。

とにかく二つとも葉っぱが、粗いギザギザ部分と、小さなギザギザ部分がある。これを「裂片の周りが重鋸歯」と言うのだと思う。葉の裂片は5~9、基本的にシンメトリー。

翼果がないので断定できないけれど、【ヤマモミジ】ではないだろうか。

参考:イロハモミジの仲間 (ヤマモミジには種々の葉形があります)

 

疲れてきたので、最後、

ちょっと高い所にあった。めいちゃんが迷林をおいて、ずんずん登っていた先にある。

f:id:meirin41:20150828073157j:plain

これなんだろね 2015/8/28 7:30

f:id:meirin41:20150828073147j:plain

イロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジじゃないよ、大きいのだもの

幹もいれて撮る 2015/8/28 7:30

f:id:meirin41:20150828073222j:plain

図書館で調べたところ【オニイタヤ】です。 下記オニモミジの特徴である鋸歯(きょし)がない、つなわち、ふちにギザギザがないので、イタヤカエデの仲間であるといえる。

【イタヤカエデ】は、葉の形や毛の量に変異が多く、エンコウカエデ、ウラゲエンコウカエデ、オニイタヤ、モトゲイタヤ、アカイタヤ、エゾイタヤなどに細分化されるが、総称で【イタヤカエデ】と呼べば間違いない。

「紅葉ハンドブック」著者林将之 文一総合出版 発行

著者 林氏に感謝したい

【カジカエデ(オニモミジ)】これだと思います。

http://ganshuku.sakura.ne.jp/22kaji.html

 

きっとみんな、紅葉したらきれいなんでしょうね。

目指していた自由研究にはならなかったけど、また撮ります。

帰り道、カラスが「お疲れ様。」8/28 7:35

f:id:meirin41:20150828073430j:plain

 

モミジはこれから。それより大好きなオオマツヨイグサのことずっと撮りためたので、あと3日でなんとかする。そうそう、綿(わた)のこと、目星はついた。え、明日も弁当だって、じゃ寝ます、起こしてください。

月を撮りたかったのだけど、今日は積乱雲がでていて、その予報通り雨が降っています。今夜はちっこい雨です。

f:id:meirin41:20150828234957j:plain

おやすみなさいませ