お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

りょうちゃんの月参り

先日、りょうちゃんのお墓でお昼寝した。

近くには、「イノシシの檻をしかけてありますよ」って書いた看板があるので、イノシシがでるのだろうけれど、梵天に警護をお願いしました。

 

あとは、りょうちゃんにも守ってもらおう。

ちょっと眠いから横になるよ。と、お墓でごろんと横になった。

きれいに晴れた日だった。起きたら青空にお月様が見えた。

f:id:meirin41:20170407105353j:plain

 

 

月参りに行ったら、

「今日、親父は生きていたらちょうど百歳(ひゃく)になるんだよ」といった。

りょうちゃんは長生きだった。けど、少し前に浄土へ帰った。

遊林のことを「じょうちゃん、来てくれたか」といって目に入れても痛くないほどかわいがってくれた。遊林もりょうちゃんが喜ぶ顔が見たくて、一緒に月参りに行った。

遊林が車で眠ってしまったことがあって、起こさずに、私一人でお参りに行ったら、「なんだ、今日はじょうちゃんは来れんかったんか」といって、とても寂しそうにした。くすくす、私では物足りないのだな。

 

 

「先日もまたりょうちゃんのお墓の所にいって、お昼寝しましたよ。今日は、百歳おめでとうを言いに行ってあげたい気もするけれど、雨が降ったから足元悪いし、やめときます。」といって、帰宅した。

 

 

 

月参りは、「阿弥陀経」をあげている。

りょうちゃんは、つれあいさんとたまたま命日が同じなので、

りょうちゃんのところでは二巻あげている。

先、合掌

次、阿弥陀経

次、短念仏 十遍

次、正信偈草四句目下 同朋奉讃

次、念仏

次、和讃 南無阿弥陀仏をとなふれば

次、回向 願以此功徳(がんにしくどく)

御文 4月は五帖目四通

 

今日は阿弥陀経和讃もプラスした。

 

弥陀経意   五首
1
十方微塵(じっぽうみじん)世界の
 念仏の衆生をみそなわし
 摂取(せっしゅ)してすてざれば
 阿弥陀となづけたてまつる

 

※「摂取」はおさめとってすてない、「摂取不捨」ともいう 


2
恒沙塵数(ごうじゃじんじゅ)の如来
 万行(まんぎょう)の少善(せうぜん・しょうぜん)きらいつつ
 名号(みょうごう)不思議の信心を
 ひとしくひとえにすすめしむ

 

※「恒沙塵数」は砂粒のように数限りない

※「万行(まんぎょう)の」いろいろな行い

「少善(せうぜん・しょうぜん)」ちいさなよいこと

「きらいつつ」嫌いつつ

※名号(みょうごう)—名を呼ぶ

不思議の信心—不思議な「名号を称えることですくわれる」という信心を

※ひとしくひとえにすすめしむ―よき人にも悪しき人にも、幼き人にも老いる人にも、泣いている人にもわかっている人にも、道を求めるひとにも、道を求めない人にも、道を求めていないときも、そうでないときも、阿弥陀如来は等しく、何に対しても態度を変えることなく、

ひとえに、唯、

「念仏」をすすめる。「わが名を呼べよ、我が名、阿弥陀仏の名を呼べ、南無阿弥陀仏、念仏申せ。」と呼びかけられている

 

浄土和讃親鸞聖人 真宗聖典P486

 

あー、まだ「阿弥陀経」のことも「現世利益和讃」のことも、「御文」五帖目四通のことも書きたかったのに、長くなったからまた今度。

 

 

迷林:「梵天!」

呼んだら振り向いてくれる。うれしいな、ありがとう。

f:id:meirin41:20170407105439j:plain