お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

歎異抄第二条 念仏は、まことに浄土にうまるるたねにてやはんべるらん、また、地獄におつべき業にてやはんべるらん。総じてもって存知せざるなり。

歎異抄第二条
二 東国から上洛(じょうらく)した弟子たちには、おそらく「念仏は地獄の業である」いう説に惑わされたものがあったのであろう。それに対して親鸞は、念仏は浄土に生まれる種であるか地獄におちる業であるか知らないと答える。それは信心は知識でないことを思い知らしめるものである。さらに「いづれの行も及びがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし」という。そこに自身の現実があるかぎり、法然上人に欺かれたとしても後悔はない。いのちをかけての信心である。
 弥陀の本願は、この「いづれの行も及びがたき」我らのために発起せられ、釈尊はその願意を承(う)けて、極重の悪人も念仏の救われることを説きたもうた。善導はその教説(『観無量寿経』)によって、ただ仏語を信じて念仏するのほかなしと解釈し、それが「偏に善導一師に依る」という法然のおおせとなった。親鸞はただその法然のおおせを信ずるのみである。真実を証明するものは、仏(釈尊)祖(善導・法然)の伝統であって、自身の見解ではない。もし自身の見解を取って仏祖の伝統を捨てることとなれば、念仏の信心はありえないのである。
歎異抄』 金子大栄校注 岩波書店

 ・

親鸞聖人に会いに、関東から京都に訪ねてきた人たちがいた。当時の旅は命がけ。その命がけで来た人たちに、聖人は「ひとえに往生極楽のみちをといきかんがためなり。」といった。「どうしたら極楽に往生できるのかを聞きに来たのでしょう。」「念仏の他に往生の道を、私親鸞が知っていて、またそのためのお経等を知っていると、思われるのは大きな誤りです。」「もしそうだとしたら、興福寺東大寺等の諸寺、比叡山では延暦寺三井寺両寺にも、すぐれた学者がいらっしゃいますから、その方たちにお会いになって、往生の要をよくよくきかれたらよいかと思います。」「親鸞においては、ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべしと、師法然上人ののおおせをいただいて、信ずるほかに別の子細なきなり。念仏は、まことに浄土にうまるるたねになるのか、また、地獄におつべき業になるのか、総じてもってわかりません。たとえ、法然上人にだまされて、念仏して地獄におちたりとも、後悔はいたしません。」(続く)

 

 

 


 一 おのおの十余か国のさかいをこえて、身命をかえりみずして、たずねきたらしめたまう御こころざし、ひとえに往生極楽のみちをといきかんがためなり。しかるに念仏よりほかに往生のみちをも存知し、また法文等をもしりたるらんと、こころにくくおぼしめしておわしましてはんべらんは、おおきなるあやまりなり。もししからば、南都北嶺にも、ゆゆしき学生たちおおく座せられてそうろうなれば、かのひとにもあいたてまつりて、往生の要よくよくきかるべきなり。親鸞におきては、ただ念仏して、弥陀にたすけられまいらすべしと、よきひとのおおせをかぶりて、信ずるほかに別の子細なきなり。念仏は、まことに浄土にうまるるたねにてやはんべるらん、また、地獄におつべき業にてやはんべるらん。総じてもって存知せざるなり。たとい、法然聖人にすかされまいらせて、念仏して地獄におちたりとも、さらに後悔すべからずそうろう。そのゆえは、自余の行もはげみて、仏になるべかりける身が、念仏をもうして、地獄にもおちてそうらわばこそ、すかされたてまつりて、という後悔もそうらわめ。いずれの行もおよびがたき身なれば、とても地獄は一定すみかぞかし。弥陀の本願まことにおわしまさば、釈尊の説教、虚言なるべからず。仏説まことにおわしまさば、善導の御釈、虚言したまうべからず。善導の御釈まことならば、法然のおおせそらごとならんや。法然のおおせまことならば、親鸞がもうすむね、またもって、むなしかるべからずそうろうか。詮ずるところ、愚身の信心におきてはかくのごとし。このうえは、念仏をとりて信じたてまつらんとも、またすてんとも、面々の御はからいなりと云々 

 

 

 

無碍の光明 信心の人を つねにてらしたもう

無碍の光明 信心の人を つねにてらしたもう

Unhindered light constantly illumines the person of the entrusting heart.
『尊号真像銘文』

6月の法語|2019年の法語|真宗教団連合

 

Unhindered【妨げられていない】

light【光は 】

constantly  【常に】

illumines【照らす 】

the person of the entrusting heart【「心を任せている」人】

妨げられていない光は、心を任せている人を、常に照らす

「ofは前置詞だから、後には名詞が続く。entrustは【任せる】という動詞だから、それを名詞にするには、ingの形にしてentrusting にする。」とメガネをきゅっとあげて遊林がいった。

「信心の人」を、「心を任せている人」と訳しているのは興味深い。

南無阿弥陀仏」の「南無」の意味を伝えるときにも、同じように「心をまかせる」という表現をする。「信心の人」ということを、もう少し踏み込んで訳すなら「阿弥陀仏に心を任せている人」になると思う。

Unhindered light constantly illumines the person of the entrusting heart to Amida Buddha. 

 

「常に照らす」ということは、「光明の中に摂(おさ)め取る」ということでもある。それを阿弥陀となづける。「念仏者(信心の人)は阿弥陀仏の光明の中に自身を見出す」と、金子大栄先生が書かれている。

念仏するものを光明の中に摂(おさ)め取りたもう。それを阿弥陀と名づく。これ即ち阿弥陀は念仏者にその徳を現わし、念仏者は阿弥陀仏の光明の中に自身を見出すのである。『歎異抄』 金子大栄校注 岩波書店

 

f:id:meirin41:20190601144437j:plain

富山県氷見市 雨晴海岸

【キャプション】を付けるには

編集サイドバーにある「写真を投稿」タブから写真を貼り付ける際、「貼り付け時に詳細を設定する」にチェックが入っている状態で「選択した写真を貼り付け」をクリックします。「写真の詳細設定」ウィンドウが開くので、キャプションを入力して、「記事編集画面に貼り付ける」をクリックしてください。

画像を貼り付ける際に、キャプション(説明文)を付けられるようにしました - はてなブログ開発ブログ

 

「南無阿弥陀仏」 I take refuge in the Tathagata of immeasurable life.

南無阿弥陀仏」はインドの言葉

中国語に訳すると、「帰命尽十方無碍光如来
南無は、【帰命】
阿弥陀仏は、【十方を尽くして、障りなき光である如来

アメリカの真宗、あるいは仏教の浄土系の学会では、「南無阿弥陀仏」を、
I take refuge in the Tathagata of  immeasurable life.
(私は、計ることが出来ない命の如来に帰依する)

I take refuge 【帰依する】
(refuge 避難・逃避)
the Tathagata 【如来(阿弥陀如来)】
immeasurable life 【計り知れない、計ることが出来ない命】

参考:金沢教学研究室第四回基調講義木越康師

 

鈴木大拙は、親鸞聖人の著書『教行信証』を英訳した。

teaching → [ブッダの]教説

living→ [本能的]実践 (practice【実践】ではない。) 

faith → [心身を挙げての]信頼

realizing→ [精神的]実現

参考:金沢教学研究室特別講義小野賢明師 出典:

親鸞『教行信証』(現代語訳)―鈴木大拙の英訳にもとづく現代日本語訳― | 東本願寺出版

 

どうにも難しいので、英訳からアプローチしようと思うが、こっちのほうが歯が立たない、と言い続けてきた。まあ、そろそろ地道に取り組んでいこうと思う。

f:id:meirin41:20190525153459j:plain

次世代の会2019年公開講座のご案内

公開講座のチラシを作りました。

【表】

f:id:meirin41:20190516234326j:plain

迷林渾身の写真について、だーれも聞いてくれない(笑)

上段:タラの芽、ウマノスイコ(ギシギシ)の大きく生え揃う、松の木にアオサギ

中段:アケビの花、親鸞聖人像、グミの花

下段:菜の花、田んぼのアマサギ、お母さんが干したゼンマイ

 

【裏】 

f:id:meirin41:20190516234354j:plain

今週末に、第一回の講座があります。

楽しみです。

歎異抄 第一条 念仏もうさんとおもいたつこころのおこるとき、すなわち摂取不捨の利益にあずけしめたまうなり。 

・「歎異抄」第一条

 念仏するものを光明の中に摂(おさ)め取とりたもう。それを阿弥陀と名づく。これ即ち阿弥陀は念仏者にその徳を現わし、念仏者は阿弥陀仏の光明の中に自身を見出すのである。
「老少善悪のひとをえらばれず」とは、いかなる人をも漏(も)らすことのない本願の広さを現わすものである。「罪悪深重、煩悩熾盛の衆生をたすけん」との願は大悲の深さを語るものである。愛と憎しみとの煩(わずら)い悩みの熾盛(しじょう)なるは人間の現実であり、これによって思い知られることは罪悪深重であるということである。
 その煩悩の心も念仏に和(なご)められ、その罪悪の身も本願の大悲にたすけられてゆく。それゆえに念仏にまさる善はなく、本願をさまたぐる悪はないのである。『歎異抄』 金子大栄校注 岩波書店

・所感

阿弥陀仏の約束の力によって、「念仏(ねんぶつ)もうさんとおもいたつこころのおこるとき」すでにたすかっている。それは如来回向の念仏である。私たちは阿弥陀仏に念仏申せと願われている。

 

 

 

・原文

一 弥陀(みだ)の誓願(せいがん)不思議(ふしぎ)にたすけられまいらせて、往生(おうじょう)をばとぐるなりと信(しん)じて、念仏(ねんぶつ)もうさんとおもいたつこころのおこるとき、すなわち摂取不捨(せっしゅふしゃ)の利益(りやく)にあずけしめたまうなり。弥陀の本願には、老少善悪のひとをえらばれず。ただ信心(しんじん)を要(よう)とすとしるべし。そのゆえは、罪悪深重(ざいあくじんじゅう)、煩悩熾盛(ぼんのうしじょう)の衆生(しゅじょう)をたすけんがための願にてまします。しかれば本願を信ぜんには、他の善も要にあらず、念仏にまさるべき善なきゆえに。悪をもおそるべからず、弥陀の本願をさまたぐるほどの悪なきがゆえにと、云々


誓願:本弘誓願の略、本願とも弘願ともいう。弥陀の本願は弘く衆生を救おうと願い、その願い成就せずば我も仏にはならじと誓う、故に誓願という。
摂取不捨:『観無量寿経』に説く、「光明遍く十方世界を照らし、念仏の衆生を摂取(おさめとり)して捨てず」と。

f:id:meirin41:20190507145814j:plain

河北潟

 

GW河北潟の野鳥②

家に帰って着替えて洗濯してご飯を食べてから、三脚を持って再出発

途中の田んぼ道にカワラヒワの群れ。近かったので車から上手く撮れました。

f:id:meirin41:20190504162649j:plain

カワラヒワ

ん、なにかいる。ムクドリも撮れました

f:id:meirin41:20190504162505j:plain


 

目指すは河北潟オオヨシキリ。「ギョギョシー、ギョギョシー」って大きな声がするからいるのは誰にでもわかります。三脚をスタンバイ

f:id:meirin41:20190504165545j:plain

f:id:meirin41:20190504165307j:plain

オオヨシキリ

f:id:meirin41:20190504165300j:plain

f:id:meirin41:20190504171434j:plain

大成功

ヨシキリを目で追っていて偶然撮れたのがホオアカ。手持ちで撮ったからいまいち。残念だ

f:id:meirin41:20190504164103j:plain

f:id:meirin41:20190504164033j:plain


次はヒバリを撮りに行く。ヒバリもけたたましいのでいるのはすぐわかる

f:id:meirin41:20190504174317j:plain

ヒバリ

f:id:meirin41:20190504175603j:plain

f:id:meirin41:20190504180851j:plain

f:id:meirin41:20190504180639j:plain

あそこになにかいる

f:id:meirin41:20190504122334j:plain

f:id:meirin41:20190504122358j:plain

うーん、真ん中にとらえたけど、これではわからないね。

お兄ちゃんならもっと撮れるだろうけど、ヨシキリすごくきれいに撮れたからいいよね。帰ろう

f:id:meirin41:20190504175955j:plain

 

f:id:meirin41:20190505004224j:plain

あなたがいたずらに 

すごした今日は

昨日死んでいった者が

あれほど生きたいと

願った明日

趙昌仁 

 

「だから今を大事に生きよう」とは言いたくはない。

枕経に行って、気の利いたことも言えずにただ側にいるだけだった。村の人が集まって娘を亡くした母親に言葉をかけるのだけど、「だから私は今を大事に生きよう」なんて言葉は傷口に塩をぬるようなもの。

母親が「子どもは授かりものだから」と言った。私は深くうなづいた。

授かったいのちを生き抜く

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」

GW河北潟の野鳥①

お葬式の帰り河北潟で鳥を撮りました。

f:id:meirin41:20190504174051j:plain

白山はまだ雪があるんですね

f:id:meirin41:20190504164541j:plain

 ヨシキリの声が聞こえる。

f:id:meirin41:20190504113704j:plain

ヨシキリ上手く撮れなくて、リベンジすると決める。

 

f:id:meirin41:20190504114943j:plain

唯一撮れたのがヒバリ

f:id:meirin41:20190504121139j:plain

ヒバリは一羽さえずるだけで、たくさんいるみたいに思うのです。

 

カワウ撮りましたが、いまいち

f:id:meirin41:20190504125052j:plain

 

モズ撮りましたが、いまいち

f:id:meirin41:20190504131644j:plain

 

帰り道、田んぼのカルガモお仕事中

f:id:meirin41:20190504133105j:plain

 

 にゃんこは上手く撮れるのです 

f:id:meirin41:20190504134316j:plain

f:id:meirin41:20190504134333j:plain

 

P1000は、持って撮るのは難しいのかも

f:id:meirin41:20190504152243j:plain

リモコンで撮ってみる

f:id:meirin41:20190504152328j:plain

三脚持ってヨシキリリベンジすべし。

 

小学校の同級生の葬式でした。

お葬式会場に安室ちゃんの「Baby don’t cry」が流れていました。

僧りょたちは「Baby don’t cry」で入場した。(安室ちゃんの曲で入場するなんて結婚式の「Can you cereblate」以来だ。)

控え室で、導師が「なんか、安室ちゃんの曲流れていましたね」と言ったので、「うん、『Baby don’t cry』だったね」と申した。

「泣かないで」と言いながら死んで行くって、かっこいいよね。

baby don't cry - Bing video

ずるいよね、これ聞く度想い出すね。

そうだからBaby悲しまないで
考えてもわかんない時もあるって
散々でも前に続く道のどこかに
望みはあるから
雨の朝でも(Baby don’t cry)
愛が消えそうでも(Baby don’t cry)
一人になんてしないから(Baby don’t cry)
Baby don’t cry
Always stay by your side

 

尾張津島藤まつりと名古屋名物ランチバイキング 日帰りバスツアーに参加しました

GW日帰りバスツアーに参加しました

金沢→名古屋めしバイキング昼食→大須観音大須商店街(参拝・自由散策)
尾張津島藤まつり(12種類100本以上の藤棚鑑賞)→金沢

f:id:meirin41:20190506233543j:plain

GWにお出かけするのは珍しい。バス旅行です。わくわく


大須観音

f:id:meirin41:20190506233648j:plain

f:id:meirin41:20190506233615j:plain

f:id:meirin41:20190506233239j:plain

 

f:id:meirin41:20190506014331j:plain

f:id:meirin41:20190506014353j:plain

f:id:meirin41:20190506014710j:plain

f:id:meirin41:20190506235444j:plain

f:id:meirin41:20190506233633j:plain

 

大須商店街

f:id:meirin41:20190506014748j:plain

f:id:meirin41:20190506014757j:plain

f:id:meirin41:20190506232440j:plain

f:id:meirin41:20190506014813j:plain

 

津島神社にバスを停車して、

f:id:meirin41:20190506233705j:plain

尾張津島藤まつり(12種類100本以上の藤棚鑑賞) 

f:id:meirin41:20190506014954j:plain

f:id:meirin41:20190507000444j:plain

f:id:meirin41:20190507000403j:plain

f:id:meirin41:20190507000420j:plain

f:id:meirin41:20190507000341j:plain

藤藤藤。 

f:id:meirin41:20190507000803j:plain

たくさんの人でした。

f:id:meirin41:20190507000807j:plain

どこも混み合っていて、バス旅行選んで大正解でした。 

帰りは寅さんを観て帰りました。

f:id:meirin41:20190507000245j:plain

楽しかったな。また夏に利用したいと思っています。

あすなろツアー春 2019 SPRING


 

【52の宿題】week3:花と光のボケを組み合わせて撮ってみよう(2回目)

week3:花と光のボケを組み合わせて撮ってみよう(2回目)

f:id:meirin41:20190502120602j:plain

焦点距離:300ミリ
撮影モード:絞り優先
絞り:F6.3
露出:±0
WB:太陽光
ISO:100

・カメラのテクニック
小さなグミの花が際立つように、背景は大きくぼかすように。

(参考:「52の宿題」鈴木知子 日本写真企画 より)

 

 

f:id:meirin41:20190502131010j:plain

焦点距離:300ミリ
撮影モード:絞り優先
絞り:F6.3
露出:+1.0EV補正
WB:太陽光
ISO:100

十方の如来は 衆生を一子のごとくに 憐念す

十方の如来は 衆生を一子のごとくに 憐念(れんねん)す

The Tathagatas of the ten quarters compassionately regard each sentient being as their only child.
浄土和讃

5月の法語|2019年の法語|真宗教団連合

 

The Tathagatas-【如来(阿弥陀如来)】

ten quarters-【十方】

compassionately-(副)思いやりをもって、同情的に、哀れみ深く、情け深く、温情をもって【憐念】

regard-AをBとしてみなす【す(る)】

each sentient being-すべての感覚のある生き物【衆生

(as) their-彼(彼女)らの、【十方の如来

only child-一人っ子、唯一の子【一子】

 

「わかったぞ」と、遊林。すごいぞ遊林。

迷林は今『親鸞の世界』を斜め読みしている。西谷啓治が司会をして、鈴木大拙と曽我量深と金子大栄が対談している本。この始めに、鈴木大拙が「教行信証」を英訳した時のことが話されている。それですっかり、英訳が気になって、遊林に泣きついた迷林だった。

「sentient beingがわかった瞬間、すべてがわかった」と彼女は言った。数学も英語もさっぱりわからない迷林は、「Tathagatas(たたーがたー)」だけはわかった。それは唯一遊林の電子辞書には出てこない言葉だった。

 

親鸞の世界 (真宗文庫)

親鸞の世界 (真宗文庫)