お散歩道草 osanpomichikusa 

-続迷林遊林航海記

秋のお散歩

ススキ 秋のお散歩ご報告 ハナトラノオ 昨日の夕方キンモクセイが香りました。キノコのシーズンの到来です キンモクセイ フジバカマ ナスビはまだおいしい ナスビ お、今日も川にスッポンがいました。カメじゃないですよ。わかるかな スッポン オニヤンマが…

夏の記憶

夏の記憶が遠くなった ハートに見える?サルスベリ 西田幾多郎記念館のライトアップ フォトコンテストをやっているらしいので、夜風に当たりにちょっとうろうろ。 www.city.kahoku.ishikawa.jp

夏の終わり

今年の夏の終わりはあっという間でした 海を撮りに行ったのだけど、曇りが多かった お、「にゃんこ岩」か。 いのっち:「違うと思う」 サルスベリの時期を逃した 実りの秋到来。 仏智うたがうつみふかし この心おもいしるならば くゆるこころをむねとして 仏…

「能登島水族館」いーじ

家族旅行の三日目は、母がもらってきた無料券3枚握りしめて「能登島水族館」へ。 遊林が小さいときは何度も来たのだけど、久しぶりに来ると、やっぱりよいなー。 【イワシのトルネード】 【ペンギンお散歩】 【カワウソ】かわいーー 【ウミガメ】 【アザラシ…

梵天、マムシに噛まれる

その日はバーベキューで帰宅が21:30になり、シャワーを済ませて、缶チューハイをグビリとやって、梵天に目をやる。 「ん。そんなんやったか?」 もう一度グビリとやって、よく見ると、 「あれ、コリーみたくない?」 腫れてる。いつもは横になって休んでいる…

ついにやって参りました、山梨「西湖野鳥の森公園」っ、その1

ホテルの朝、富士山が見えます。「富士急ハイランド」のジェットコースターも。 (「富士急ハイランド」へ行く)住職と遊林はホテル朝食付きで自由にしてもらって、迷林とお兄ちゃんは、コンビニで朝ごはんと昼食の、山梨っぽいおにぎりなど買って、いざ、「野…

今年は山梨

今年の家族旅行は山梨へ行きました 私、出不精なのであります。 大体お寺というのは、いつ何があるか分かりませんから家族旅行なんては難しい。はずなのに、うちの住職のたった一つのわがままが、年に一度の夏の旅行なのですから、これは遂行せずにはいられ…

夏は鳥がいないのです その2

夏は鳥がいないので、お兄ちゃんが5月に撮ってくれたものを懐かしんでいます 【オオヨシキリ】 「ギョギョシーギョギョシー」っと騒がしく鳴きますが、誰もがお兄ちゃんのようにうまく見つけられるわけではなく、ましてや撮るのは大変なのですよ 【シギ】の…

夏は鳥がいないのです その1

夏は鳥がいない。 と言っても、ツバメやスズメ、カラス、サギ、セキレイ、ホオジロ は、います。 バタバタしてたら鳥撮るシーズンお休みにはいっちゃったなぁ そこで、お兄ちゃんが5月に撮ってくれたものをアップします じゃーん、【イソヒヨドリ】オス つい…

夏の花をきみに

【ノウゼンカズラ】 ご無沙汰しております。 夏の花がまぶしい日々です。 夏の花ってのは、勢いがあります。 あちーよー 甥っ子が生まれた11年前に買ったウィッシュ。163,000km走りました。 この夏、車検。タイヤももう替えないといけなくなった。 なんだか…

「乗り鉄」体験 その2

駅に戻って、富山までの切符を買ったら、年配の駅員さんが「そこを渡って、向こう側のホームです」と教えてくれた。教えてくださるのも斬新でしたが、「こ、ここ、渡るの?」って驚いた。ayukame先輩が、「昔は多くの駅がこうだったのよ」と言った。「ひ、ひ…

「乗り鉄」体験 その1

仲良しのayukameちゃんと、 JR高岡駅から、氷見線に乗ります。 ↓ああこれ、デジャブかも。って思った けどたぶん、以前「(城端線・氷見線)べるもんた」の特集を観ていたときに見たんだきっと。 ずっと乗ってみたかったんだ。海の上を走る氷見線 スマホでも撮…

スズキ70cm

0:30、お兄ちゃんからメッセージ 「スズキ釣れた」 「1:00に帰ります」 「おーー!!」 「待ってるよ!」 「やったじーー」 うれしそうな顔でご帰還。 じゃーん、スズキ70cm 正確に言うと、65cm以上は測れないのです。ウサギのモコが噛みちぎったので。 でー…

報恩講に参勤しました

報恩講の最終日を「結願日中(けちがんにっちゅう)」という お勤めされるご和讃は正像末和讃の最後の三首に決まっている。(登高座がない場合は六首) <第五十六首> 三朝浄土の大師等 哀愍摂受したまいて 真実信心すすめしめ 定聚のくらいにいれしめよ <第五…

クロダイ約40cm

鰺泳がせと、ユムシのぶっ込みで釣りました。 刺身と、塩焼きにして食べました。塩焼きはしっかりきつめに焼くとうまい

永平寺いーじ その2

永平寺いーじ その1 からの続き 次に、【山門】へ 諸仏如来大功徳 諸仏如来の大功徳は 諸吉祥中最無上 もろもろの吉祥の中で最無上 諸仏倶来入此処 諸仏倶(とも)にこのところに来入する 是故此地最吉祥 これ故この地最吉祥 ・・・順路に問題がないだろうか。…

永平寺いーじ その1

じゃーん、やって来ました永平寺。 境内に一番近いお土産屋さんに駐車しました。 「1000円以上、お土産を買ってくださったら、駐車料金はいただきません。お連れさんがいらっしゃるんですか。では、2000円以上お買い上げお願いします。」 おお、願ったり叶っ…

この慈悲始終なし

四 一 慈悲に聖道・浄土のかわりめあり。聖道の慈悲というは、ものをあわれみ、かなしみ、はぐくむなり。しかれども、おもうがごとくたすけとぐること、きわめてありがたし。浄土の慈悲というは、念仏して、いそぎ仏になりて、大慈大悲心をもって、おもうが…

シギとカラスを撮りました

お兄ちゃんが、シギを撮ってくれました。 プロになれそう。笑 10羽くらいの群れ カラスより一回り小さいくらいの大きさなので、アトリのような小さな鳥の群れよりもインパクトがあります。 田んぼでよく見かけます。 これは、迷林がレフで撮ったもの。むう、…

GWに行きたいところ

GWは(出不精なので)毎年、タケノコを掘ったり、向かいの山に散歩に行って、満足していた。 今年は葬儀式で一生懸命だった。 葬儀式というのは、葬儀全体で、訃報を受けてまず枕経にお参りしてから、仮通夜(通夜振る舞いにつく)、納棺勤行(今回は出棺勤行も)…

廣大院釋尼浄栄通夜説法

2017.5.6 廣大院釋尼浄栄通夜説法 おおきなさかなはおおきなくちで ちゅうくらいのさかなをたべ ちゅうくらいのさかなは ちいさなさかなをたべ ちいさなさかなは もっとちいさな さかなをたべ いのちはいのちをいけにえとして ひかりかがやく しあわせはふし…

スイッチ入れたくて、比叡山 黒谷 青龍寺 その2

スイッチ入れたくて、比叡山 黒谷 青龍寺 その1 の続き 遊林から、最近見た夢の分析を頼まれた 暗くて、スイッチを探してる。 スイッチがどこにあるのかわからなくて、焦ったり、イライラしている。 迷林:そう、じゃあ、その夢を見た時、どんな気持ちだった…

スイッチ入れたくて、比叡山 黒谷 青龍寺 その1

日本一長いケーブルカー【坂本ケーブル】に11分乗って、 親友に頼みこんで一緒に行ってもらった。京都 比叡山 延暦寺。 親鸞聖人が9歳から29歳まで学んだ地 目指すは、 迷いました(グーグ◯マップのせい?) てくてく。 ちょうどくもりで、緑がきれいで、八…

お散歩日記4/29

5月8日は心に刻む(ニアイシネルン)ための日であります。心に刻むというのは、ある出来事が自らの内面の一部となるよう、これを誠実かつ純粋に思い浮かべる(ゲデンケン)ことであります。そのためには、とりわけ誠実さが必要とされます。 われわれは今日、戦い…

晩春

晩春の候、と書いて案内をだした お母さんが、採ってきたゼンマイを干している。これすごく喜ばれるんだよ。 どうしても撮っておきたかったのが、このグミの花。 グミというのは、サクランボみたいなのがぶらぶらたくさんなるので、小鳥たちが喜んで食べに来…

Week 40 : Sitting in a Chair

Week 40 : Sitting in a Chair伝統的でフォーマル、もしくは自分なりに解釈したイメージの椅子に座っているポートレート写真 うむ。 これはもはや、禁じ手 だから、もう一回禁じ手。 これやといいですよね、 まがってますが。(iphoneで撮影) おまけ:ふすま…

Week 39 : Handmade

Week 39 : Handmade職人の手工芸品に触発されたアートの写真 先日、花まつりのバザーで手に入れた、九谷焼のぐい飲み。 写真は大きいけれど、ぐい飲みだから手のひらに収まるくらいの大きさです。 誰も気づかなくて。こんな素敵なもの10円て、ひどいよね。 …

エスケイプ(リフレッシュしたいときは。)

七尾市に行きました。 駅に近いホテルで宿泊。県外から来られるようなら是非もう少し足を伸ばして和倉温泉といきたいところ。 今回は友人のお寺で友人のお話があったので、友人たちと遊林に声をかけてお話を聞きました。一見、うちわで盛り上がっているだけ…

4月の花

すっかりすきになってしまった【レンギョウ】 晴れた日、ぼーっと見つめる ん、最近迷林ぼーっとしていること多いな。ま、春だし 4月はじめに撮った これは、金沢で 不思議な椿? デコポンなっていた。 気になっている子が、この曲を紹介していた。 「僕が死…

さくらさくら

今年はayukameちゃんのおかげでさくらを堪能した もう、終わりの頃かな 【阿頼耶識・あらやしき】 また、「蔵識」(藏識)、「無没識(むもつしき)」とも訳し、「頼耶識」、「頼耶」等と略されることもある。 唯識思想により立てられた心の深層部分の名称で…